自立進学塾Makeage教室長 やまだゆうすけのブログ(メイケージ)

自立進学塾Makeage(検見川浜駅|真砂中・磯辺中・打瀬中・高洲一中・高洲二中・稲浜中・花園中・稲毛海岸駅・新検見川駅)教室長やまだゆうすけのブログです。勉強法と成績UPに不可欠な考え方などの有益情報を発信していきます。

悩みを一瞬で消す方法 〜悩みが去る(サル)2016年〜

あなたは悩みがありますか?

 

今年は申年なので

悩みが去る(サル)年です。

悩みなんてふっ飛ばしましょう!

 

 

私は悩みがないです。

基本的に、常にないです。生まれてこの方ほぼないです。

あってもすぐに悩みを消すことができます。

 

 

それには理由があります。

f:id:yamadayusuke0211:20160107140814p:plain悩みサル

 

 

それは

悩んでいるということは、実はどっちでもいいと思っている!

ということを知っているから。

 


 

例えば

Yすけは焼肉と寿司が大好きで、トマトが大嫌いだとします。

 

お昼ご飯に「焼肉」か「寿司」で迷っている。

でも、これが「焼肉」か「トマト」だったら迷わず「焼肉」にしますよね。

なぜならトマトじゃ困るから!

つまり、迷っているときとは、どっちでもいいときということ。

 

 

「う◯こ味のカレー」か「カレー味のう◯こ」か、みたいな究極の選択がありますが、

「う◯こ味のカレー」の方がいいと思っているなら迷わず選びますよね。(汚い話ごめんなさい笑)

 


 

悩みの深さや大きさなんて関係ありません。原理は変わりませんから。

 

 

「受験に受かるかなぁ…」という漠然とした悩みも同じです。

 

悩んでいるということは、選択肢があるということ

1本道に立ち止まって「どっちに行こうかな?」と悩む人はいません。

 

だから、漠然とした悩みにも選択肢があるはずです。

 

A「受験に受かるためにできることがあるはずだ!取り掛かろう!」

B「自分にできることはないしどうにもできない。自分には無理だ。」

 

Bを選ぶわけないだろ!と思うかもしれませんが、悩んでいるということは、AとBの選択肢で迷っているということです。

 

「できることがあるはずだし、取り掛かって」もいいし、「自分じゃ無理だし諦めて」もいいと思っているということです。

 

悩んでいるということは、どっちでもいいんです。

 

だから、悩んだ瞬間に、悩むことをやめましょう!

だって、悩んだ時点で、どっちでもいいんだから!

 

どっちでもいいんだから、あとは勇気を持って決めるだけ!

 

 

あなたの悩みが去る(サル)年になりますように^ ^

広告を非表示にする