自立進学塾Makeage教室長 やまだゆうすけのブログ(メイケージ)

自立進学塾Makeage(検見川浜駅|真砂中・磯辺中・打瀬中・高洲一中・高洲二中・稲浜中・花園中・稲毛海岸駅・新検見川駅)教室長やまだゆうすけのブログです。勉強法と成績UPに不可欠な考え方などの有益情報を発信していきます。

【お母さんの会話術】勉強の「メリット」「デメリット」を教える

こんにちは!

教室長の山田優輔です(*^_^*)

 

定期テストが返却されてきていますね。

Makeageにも嬉しい報告がいくつも届いています!

 

今日は、返ってきたテストを見たとき、

どんな声がけをしてあげるのが良いか?というお話をしていきます。

f:id:yamadayusuke0211:20160616154039j:plain

 

成績が思っていたより良くなかったとき

「なにこの成績!」

「こんな成績じゃ高校行けないわよ!」

なんてことを子どもに向かって言ったりはしていないですか?

 

この言葉”最悪”です。

 

 

これを言われた子どもは

おそらく言ってしまっているお母さんとしては、子どもに

「こんちくしょー!次は良い結果を出してやる!」

と思って欲しいがゆえに言っているのだと思います。

 

 

しかし!!!

現実は、子どもは

「こんな成績じゃ高校行けないのか…なんでわたしってこんなにバカなんだろう。」

「自分はダメなやつだなぁ…」

と思います。

 

お母さんの期待とは裏腹に

自信を喪失し、悪いメンタルが出来上がってしまいます

 

 

ではどんなことを言ってあげれば良いのか?

 

それは

「勉強することのメリット」「勉強しないデメリット」

を伝えてあげてください。

 

もし、お父さんお母さん自身が学歴で有利な経験・不利な経験をしたことがあるなら、そういったことを伝えればいいと思います。

 

「勉強すると〇〇な考え方ができるようになる」

「勉強して学歴がいいと〇〇といった、人生の選択肢が広がる。今自分のやりたいことがなくても、見つかった時に叶えられる可能性が広がる」

「この学歴とこの学歴ではこれぐらい将来の賃金が違う」

などなんでも良いです。

 

 

学歴についてのことだと「そんな生々しい」と思われるかもしれませんが、

お父さんお母さんが教えてあげないと、子どもはずっと知らないままですし気づかないままかもしれません。

 

昔ほど学歴社会ではなくなってきているかもしれませんが、

現在も完全に「学歴社会」です。

学歴が将来の収入に正比例している世の中です(もちろん例外もいます)。

 

 

自分自身、大学はMARCHを出ました。

就職活動時に、社会は明らかに

MARCHとその他を線引きしていることがわかりました。

 

そして、早慶とMARCHを線引きしていました。

そして、身近に東大出身がいるので、東大とその他を線引きしていることも知りました。

 

学歴が違うだけで、得られる情報も違うんだと肌で感じました。

「得られる情報が違う」ということを知ることさえできません。

 

 

 

学歴以外にも、例えば

「素晴らしい友だちができる」こともあると思います。

f:id:yamadayusuke0211:20160616154657j:plain

基本的な教養がないと、会話や考え方の範囲も限定される。

その限定された範囲内の友人が集まってくる。

 

このことがいいことか悪いことかはわかりませんが、

教養がある方が人生は楽しくなると思いますし、メリットの一つに挙げられると思います。

 

 

「勉強することのメリット」「勉強しないデメリット」

は無限にあると思います。

 

 

そんなことをお母さん、お父さん自身の言葉と体験で伝えてあげるだけでも

子どもには刺激や教えになります。

 

叱るだけではなく、「勉強することのメリット」を教えてあげてみてください^ ^

 

 

山田優

広告を非表示にする